1.未臨界実験、トランプ政権の姿勢?(12/13 10:58)


時事通信が、10月9日、「米国が昨年12月、西部ネバダ州で核爆発を伴わない臨界前核実験を行っていたことが9日、米エネルギー省国家核安全保障局(NNSA)の報告書で明らかになった」と報じ、各社が同様の内容で続きました。核の役割を拡大する政策を出したトランプ政権の姿勢と実験を結びつける報道がほとんどでしたが、実際はオバマ政権時代から計画されていたものでした。

詳しくは…

1/381

次の記事へ >
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.25