6.米MOX燃料工場建設、小規模続行が確定──軍事余剰プルトニウムを原発で燃やす計画(08/27 16:18)


軍事用余剰プルトニウムを原発用の燃料にして燃やす計画を続行するのか否かという議論が米国で続いていますが、トランプ大統領が8月13日に署名した2019年度国防権限法により一応の継続が確定しました。しかし、10月に始まる19年度の建設続行用予算はわずかに2億2000万ドル(約240億円)。とても完成に到達できるような規模の予算ではありません。

34トンのプルトニウムをウランと混ぜてプルトニウム・ウラン「混合酸化物(MOX)」燃料にするための工場の建設がサウス・カロライナ州の「サバンナリバー施設(SRS)」で始まったのは2007年のことです。建設費の高騰と計画の遅れのため、オバマ政権もトランプ政権も建設中止を提案したにもかかわらず、サウス・カロライナ州選出議員らの抵抗で細々と建設が続けられてきました。米エネルギー省のリック・ペリー長官は、この問題に決着をつけようと、5月10日、議会に対し、建設継続を30日後に打ち切ると通告しました。ところがこれに州政府が裁判で抵抗したため、長官の通告後も建設は続けられていました。そして今回の名目だけの継続予算。48トンものプルトニウムを抱えながら六ヶ所村再処理工場の運転を始めようとする日本。同工場に隣接して建設中のMOX燃料製造工場。これらの計画について考えるうえでも重要な米MOX製造工場の行方。事態の背景について簡単にまとめてみました。

詳しくは…

6/381

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.25