9.日米原子力協定の自動延長と反核運動(02/17 22:03)


日本に再処理を認めた日米原子力協力協定が、今年7月16日に30年の効力期限を迎えます。両国とも通告をしないまま6か月前の1月16日が過ぎた時点で期限を定めない自動延長が確定しましたが、米国は、日本のプルトニウム使用計画については説明を求めるとのことです。今後も一方の国が6か月前までに文書で通告すれば協定を終了させたり、期限を定めた新協定の交渉を要求したりすることができます。

詳しくは…

9/379

次の記事へ >
< 前の記事へ
一覧へ戻る

Powered by
MT4i v2.25